細菌性膣炎

細菌性膣炎の治療法

 

細菌性膣炎の治療、対処法というのはいくつかあります。自覚症状がある場合においては医療機関での検診がなによりも必要になります。

 

診療は婦人科、産婦人科において受けるようにしましょう。
実際の治療というのは炎症を抑える効果を高める効果の高いクロラムフェニコール系と呼ばれる薬剤を膣に直接挿入することも良いですし、抗生物質であるクリンダマイシンと呼ばれるクリーム状の薬剤を膣内に入れるというのも効果的です。

 

これらの錠剤やクリームというのはさらに効果の高い薬剤もあります。一番効果が高いと言われているのがクロロマイセチンになります。

 

このクロロマイセチンは一時的な即効性はあります。しかし、このような抗生物質によって完治させることは簡単ではありません。

 

こうした錠剤やクリーム、服用薬で治療を行いながら、同時に膣の分泌液がどのような状態になっているのか、ということを検査していきます。
そうすることで治療の効果を確認することができるのですが、一旦治っても再発の可能性があります。
そのため、細菌性膣炎などを発症した場合には、セックスは極力控えるようにしておきましょうね。

 

普段の生活の中で細菌性膣炎を発症することが多いですので、症状が出た時には少しでも早く改善できるようにしましょうね。

カンジタクリア