真菌といんきんたむし

真菌といんきんたむし

 

 

いんきんたむしというのはデリケートゾーンに痒みなどの炎症を起こす病気です。
このいんきんたむしを治療する際には皮膚科を受診するようにしましょう。

 

素人の自己判断によっていんきんたむしとアレルギー湿疹とを間違ってしまってはいけませんからね。
白癬菌に栄養を与えてしまうだけになりますので、皮膚科でしっかりと正しく診察をしてもらうようにしましょうね。

 

皮膚科での診断は非常に簡単です。
患部の皮膚を採取してから顕微鏡で観察します。
そして真菌がどの程度増殖しているのか、ということをチェックします。

 

もちろん患部の皮膚を採取するだけですので下着などを脱ぐ必要もありません。
ただし、場合によっては下着を脱がなくてはならないこともありますので、その場合には我慢しなくてはなりません。

 

いんきんたむしは薬剤を塗ることで治療を行いますが、場合によっては紫外線治療を行うこともあります。
紫外線治療器を併用して行うことによって殺菌効果を飛躍的に高めることができます。
そうすることで薬剤の効果をさらに高めることができますので、是非試してみてくださいね。

 

いんきんたむしは感染力も強いですので、家族に感染してしまわないように、しっかりと予防をするようにしましょうね。

カンジタクリア